/

この記事は会員限定です

舎弟たちの世界史 イ・ギホ著

時代の悲劇を軽妙に語る

[有料会員限定]

韓国の大統領が朴正熙(パクチョンヒ)だった時、千祥炳(チョンサンビョン)という詩人は「職業は貧乏」と豪語し、友人を定期的に訪ねて小遣いをせびっていた。要求額が小さいので、心優しい友人たちは笑いながら不当な徴収に応じていたのだが、1967年のある日、そんな金ヅルの一人が北朝鮮のスパイだという嫌疑でKCIA(韓国中央情報部)に摘発されてしまった。もちろん冤罪(えんざい)だったけれど、千祥炳もとばっちり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン