やってくる 郡司ペギオ幸夫著 想定外の外部受容する思想

読書
2020/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

タイトルからして何とも面妖な書物である。だが、ひとたび頁(ページ)を繰ると、そこはお化け屋敷ならぬ郡司ワールド、思わず引き込まれてしまう。登場する魑魅魍魎(ちみもうりょう)はデジャブ(既視感)、ゲシュタルト崩壊、因果関係反転、ファンク・ポップ、死、と多士済々である。

タイトルの由来と執筆の意図については、三分の二ほど読み進んだところで明らかになる。すなわち「本書の目的は、何でも比較可能で数値化可…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]