正確・迅速なデータ収集を 統計学と感染症
竹村彰通 滋賀大学教授

経済教室
2020/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○将来予測と政策立案に数理モデル活用を
○PCRは誤りが起きる確率の確定が重要
○接触確認アプリの精緻化と普及を進めよ

新型コロナウイルス感染の急激な拡大は、大きな社会的なショックを引き起こし、世界を一変させた。見えないものへの恐怖心と、逆にそのような恐怖から逃れたいという心理が働く中で、「感染防止か経済活動か」という二者択一の両極端の議論がなされ、混乱を引き起こしている。

特にソーシャルメデ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]