/

この記事は会員限定です

政策のつくり方のあるべき姿 思いつき排し基本を学べ

大野健一 政策研究大学院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○政策策定では協議・妥協・説得の過程必要
○明治・高度成長期の日本、成功要素満たす
○政治主導は内部の競争・けん制・補完カギ

類似の政策を打ち出しても、なぜある国は大きな成果を上げ、別の国は失敗するのか。同じ国でも、なぜ政権が変わり時が移れば政策能力が変動するのか。1~2世代のうちに貧困から高所得へと一気に駆け上がる国がある一方で、中所得のわなから抜け出せそうにない国があるのはなぜか。

各国の地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン