/

IT基本法とは デジタル国家の実現推進

きょうのことば

IT基本法  IT(情報技術)政策全体の基本理念や重点計画を定めた法律。森喜朗政権時代の2000年に設けた「IT戦略会議」でつくった。正式名称は高度情報通信ネットワーク社会形成基本法。01年に同法に基づき政府のIT戦略「e-Japan戦略」をまとめた。5年以内に世界最先端のIT国家を目指すと記した。

政府は「e-Japan戦略」をはじめIT戦略や政策集を毎年策定しているが、デジタル化の歩みは遅い。世界経済フォーラムなどが公表するIT競争力ランキングで日本は19年に12位だった。霞が関の省庁間ではシステムの仕様の違いから、新型コロナウイルス対策を協議するテレビ会議ができなかった。

平井卓也デジタル改革相は就任直後の記者会見で、過去の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)で「デジタル」という言葉が使われた数を紹介した。16年が0、17年が3、18年が9と少なかったのに対し、19年は53、20年は105と急増した。平井氏は「初めてデジタルの優先順位が上がった」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン