/

この記事は会員限定です

湘南の海水浴史 「何となく周知の事象」を研究

医療行為から観光、ライフスタイル発信地へ 大矢悠三子

[有料会員限定]

海水浴は夏の代表的レジャーだが、その歴史は意外に知られていない。世に海水浴場発祥の地として著名なのは初代陸軍軍医総監を務めた松本順が関わった神奈川の大磯で、開設は1885年(明治18年)のことだ。

実はそれ以前、医師でのちに大臣を歴任した後藤新平が愛知の大野で、内務省の初代衛生局長を務めた長与専斎が三重の二見浦で海水浴場の開設に尽力している。では、なぜ大磯そして湘南なのか、20年前、私は答えを探す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン