米大統領選 民主主義に試練 イアン・ブレマー氏
米ユーラシア・グループ社長

小竹 洋之
グローバルオピニオン
2020/9/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米大統領選に関する世論調査をみると、2020年夏の大半は民主党のバイデン前副大統領が現職のトランプ氏をリードしていた。だが、ここ数週間で両者の差は縮まっている。米国の新型コロナウイルスの感染状況、特に死亡率が改善していること、経済活動が再開したことで景気回復が確実視されつつあること、(人種問題に関する)社会的正義を巡って新たに意見の食い違いが生じていることなどが背景にある。

それでも、世論調査で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]