/

この記事は会員限定です

社会保障維持へ財政健全に コロナ危機と経済・金融

清滝信宏 プリンストン大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○企業倒産が増えれば信用収縮の可能性も
○財政再建には高インフレより定年延長を
○感染収束後の成長へ開放経済の推進重要

新型コロナウイルスの流行、政府による社会・経済活動の規制を受け、世界経済は戦後最大の不況に陥り人々の生活も一転した。コロナ危機の特徴、政策、今後の課題について、マクロ経済の観点から考えたい。

コロナ危機は感染の可能性の高い接触を伴う活動を困難にするので、飲食や旅行などサービスを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン