/

この記事は会員限定です

欧州、期待後退し警戒強く 強硬中国にどう向き合うか

アンドリュー・スモール ジャーマン・マーシャル財団シニア・フェロー

[有料会員限定]
ポイント
○欧州は中国問題念頭に政策調整を再検討
○ドイツなどの産業界が政策転換の先頭に
○対中政策を巡る国際協調を欧州が主導も

ここ2年間で欧州の中国に対する見方は大きく変わった。おそらくこれほどの変化は天安門事件のあった1989年以来のことだろう。変化はコロナ感染拡大前から始まっていたが、ここへきて加速している。

コロナ危機への中国の取り組み姿勢に加え、危機のさなかに中国政府が政治、経済、軍事面で示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン