赤神諒「太陽の門」(201)

赤神諒「太陽の門」
2020/9/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

まだ二十メートル近くあるが、うまく背嚢(はいのう)の上に着地できれば、足の骨折くらいで済むだろう。

「最後に貴官と一緒に戦えてよかった。吾輩(わがはい)は責任を果たしてくる。後は任せたぞ」

「礼を言う。皇帝(カイゼル)、あんた、いい奴だったんだな」

「親しくなった友には、そう言われる」

頷(うなず)き合って、リックが背から重い背嚢を落とすと、クラウスは崖下へ飛び降りた。

同時に、腰に巻いたロープが一気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]