赤神諒「太陽の門」(200)

赤神諒「太陽の門」
2020/9/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

「ここで待ってろ。敵が来たら、対応してくれ」

MK1を渡すと、ミゲルが怯(おび)えながら頷(うなず)いた。

「時間がない。同時懸垂(けんすい)下降でいいか、リック」

一つの滑車にぶら下がるように一本のロープで、互いに体重をかけながら、崖を同時に下降してゆく技法だ。危険だが、断然速い。下りた後は一人が爆破に向かい、もう一人が崖を素早く登攀(はん)できるように支点を作っておく、という。

「了解だが、あんた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]