/

この記事は会員限定です

統治強化と交渉・調整併存 強硬中国にどう向き合うか

伊藤亜聖 東京大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○米中対立後とコロナ後の「未知の常態」に
○中国経済、高度化・拡張しながら統治強化
○日本は深慮ある行動への働きかけ維持を

習近平(シー・ジンピン)政権の誕生後、「新常態」なる概念が登場した。高度経済成長の終わりと中所得国化により国家課題は変貌した。新常態は政権がこの事実を認識したことを示すものだ。しかし今、中国の政治経済は米中対立後、そしてコロナ後という2つの意味で「未知の常態」に入る。コロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン