統治強化と交渉・調整併存 強硬中国にどう向き合うか
伊藤亜聖 東京大学准教授

経済教室
2020/9/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○米中対立後とコロナ後の「未知の常態」に
○中国経済、高度化・拡張しながら統治強化
○日本は深慮ある行動への働きかけ維持を

習近平(シー・ジンピン)政権の誕生後、「新常態」なる概念が登場した。高度経済成長の終わりと中所得国化により国家課題は変貌した。新常態は政権がこの事実を認識したことを示すものだ。しかし今、中国の政治経済は米中対立後、そしてコロナ後という2つの意味で「未知の常態」に入る。コロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]