赤神諒「太陽の門」(198)

赤神諒「太陽の門」
2020/9/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

「この寡兵(かへい)では、もともと無理があったのだ」

「違うな。あんたの部下に内通者がいるからさ」

クラウスが巨眼をしばたたかせた。

「いい女だからって、味方とは限らない」

「何だと! ……馬鹿な。もしハンナが裏切り者なら、敵は山を下りて仮設陣地を攻撃したはずだ」

「あの美女には二つ、計算違いがあった。霧と、俺さ。この堡塁(バンカー)を取られた以上、要塞は喉元に刃(やいば)を突き付けられたままだからな」

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]