/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

川端康成は天城の湯ケ島にたびたび滞在し、名作「伊豆の踊子」を生み出した。志賀直哉は山陰・城崎での体験を珠玉の短編に結実させた。神奈川県の奥湯河原には、水上勉や檀一雄が執筆にいそしんだ宿もある。そう、日本の文学史は温泉の存在を抜きには語れない。

▼静かな環境、きれいな空気、そしてこんこんと湧く湯のパワーが、作家たちを温泉に向かわせたのだろう。思えば、いま注目される「ワーケーション」の元祖である。ならば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン