/

東京都港区とサントリー提携 ラグビー新リーグで

サントリーホールディングス(HD)と東京都港区は3日、地域貢献に関する包括連携協力協定を結んだ。サントリーが参加する2022年開幕のラグビーの新リーグに向け、アカデミーの保有やホームスタジアムの確保でも協力する方向。

新リーグは各チームにスタジアムの確保やアカデミーの保有を義務付ける。サントリーHDの土田雅人執行役員は「我々の選手が学校を回ったりしてもっと港区と密接に活動したい」と話す。

将来的にスタジアムの新設につながる可能性もある。武井雅昭区長は「区の用地を使って大規模なスタジアムを建てることは難しいが、色々な方向で協力できれば」。土田執行役員は「港区中心に活動をして最終的にホームグラウンドを持てれば一番いい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン