/

この記事は会員限定です

世界的な不動産バブル 同国籍の取引、価格押し上げ

清水千弘 日本大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○国外投資家は国内投資家より高値で取引
○同じ国籍同士では価格に安心料を上乗せ
○東京など大都市の国際競争力強化が急務

世界の大都市の不動産価格が高騰している。不動産価格は理論的には将来収益の割引現在価値、つまりファンダメンタル(基礎的条件)価格として決定される。だが近年の日本の大都市では、金融緩和に伴う過剰資金が不動産市場に流入したことによりファンダメンタルズから大きくかい離していたことが、筆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン