採用での冗長性の是非注目 危機が変える会社と個人
服部泰宏 神戸大学准教授

経済教室
2020/9/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○採用オンライン化で偶発的な出会い減る
○遠い曖昧な未来より具体的な近未来重視
○失われた冗長性取り戻そうとする企業も

新型コロナウイルス感染症の拡大が、日本企業の就職・採用活動に様々な影響を与えている。2月以降、大手就職情報企業は運営する合同企業説明会の中止を次々と発表し、個別企業の説明会も中止が相次いだ。

日本の採用活動のスタンダードだった「直接会って、とことん話して、わかり合う」が突如不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]