/

この記事は会員限定です

寺田千代乃(2)夜逃げ

小1の冬 突然の夜行列車 着のみ着のまま東京へ

[有料会員限定]

私は1947年、神戸市長田区海運町で生まれた。団塊の世代になる。父の山本敏夫、母の光子とも岡山県久米郡の出身。父は大阪市の百貨店、大丸で働いていた母と同郷の縁で知り合って終戦直後に結婚し、自宅近くの鷹取市場で化粧品店を営んでいた。

幼稚園に通う際、母が毎日のように違う色のリボンを付けてくれるのがうれしかった。先生から「千代乃ちゃん、今日のリボンかわいいわね」と言われるのだ。バレエ教室に通い、近所の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

寺田千代乃

アートコーポレーション名誉会長の寺田千代乃さんは、引っ越しを専業とする日本初の会社「アート引越センター」を大阪で立ち上げた女性経営者です。荷造りご無用や輸送中の家財殺虫など、「あったらいいな」というサービスを次々に打ち出し、日本の引っ越し業をけん引しました。小さくても一流を目指した寺田さんが、波乱に満ちた半生を振り返ります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン