/

この記事は会員限定です

文明が不幸をもたらす クリストファー・ライアン著

進歩と発展と努力の果てに

[有料会員限定]

最近の新型コロナ禍の影響で、経済活動は滞り、思うように楽しむことも出来にくくなった。この機会に、私たちのこれまでの文明生活がなんだったのか、再考してみた人は多かったのではないだろうか?

今の私たちの科学技術文明は、本質的なところで何かがおかしい。それは、「進歩と発展」という概念であり、刻苦勉励して、明日を今日よりも良い世界にするべし、という理念だ。そして、それを測る指標がお金であること。経済も教育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン