/

この記事は会員限定です

一人称単数 村上春樹著

この世界のいくつもの中心

[有料会員限定]

ちょっと奇妙な体験を語る7編と、プロ野球球団への偏愛を語る「ヤクルト・スワローズ詩集」の全8編の短編集。最後の「一人称単数」だけは単行本のための書下ろしで、そのまま単行本の表題になっている。するとこれは、全体を統一するために置かれた扇の要のような一編なのかもしれない。

なるほど、三人称の語りはなくて、語り手の自称は「僕」「ぼく」「私」、みんな一人称単数だ。神戸で育ったり若くして小説家になったり音楽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン