/

この記事は会員限定です

人材育成・人事管理個別化へ 危機が変える会社と個人

脇坂明 学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○40歳未満の社員のスキル向上策が課題に
○接触機会減ればOJTでの人材育成困難
○個別人事管理では管理職の重要性高まる

コロナ危機を受け、この数カ月で一気にテレワークが拡大した。多くの企業や働き手が、思った以上にテレワークでも働けることを実感したようだ。一方でテレワークは、今後の会社と個人の関係や働き方を大きく変える可能性を秘める。

今後、治療薬やワクチンが実用化されても、ウイルスの変異や抗体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン