10/20 18:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,567.04 -104.09
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,530 -130

[PR]

投資番付

フォローする

分配金利回りが高い投信 米国株運用、上位占める
投信番付

2020/8/27付
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大下でも運用成績を伸ばし、成果に見合った分配金を払い出している投資信託がある。元本を取り崩さずに運用益から分配金を支払い、しかも分配金利回りが高い投信をランキングした。

7月末まで3年間の分配金がすべて運用成果から払われた「分配金健全度100%」の国内公募追加型株式投信に対象を絞ると、過去1年の分配金利回り上位は米国株で運用するタイプが大半を占めた。毎月分配型は1本も入らなかった。

首位はアセットマネジメントOneの「DIAM厳選米国株式ファンド(愛称:アメリカンセレクション)」。年1回の7月決算で1万口あたり2200円と、前年と同額の分配をした。

2位の「三菱UFJ NASDAQオープン Bコース」は7月決算の分配金が1500円で、前年の350円を上回った。3位の「LM・アメリカ高配当株ファンド(3ヵ月決算型)」などは足元の運用が振るわず、直近決算では分配を見送った。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム