/

この記事は会員限定です

手続き偏重「官の思想」脱却を 行政IT化の課題

北寿郎 同志社大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○IT最適化を阻む法令の壁の解消進めよ
○専門家を行政職員として一元管理すべき
○個人情報を本人が管理できる制度も必要

新型コロナウイルスのまん延は、行政のIT(情報技術)化の問題点を改めて浮き彫りにした。国民一律10万円の特別定額給付金におけるオンライン申請のドタバタ騒ぎやコロナ接触確認アプリ「COCOA」の不具合、さらには愛知県における感染者情報の誤掲載など、様々な事案が立て続けに起きている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン