10/20 9:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,660.79 -10.34
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,640 -20

[PR]

投資番付

フォローする

運用効率が高い国内株ファンド 情報・通信の中小型目立つ
投信番付

2020/8/20付
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で相場が大きく変動するなか、良好なパフォーマンスを発揮した投資信託もある。国内株式を投資対象とするファンドについて、運用で取ったリスクに見合うリターンを上げたかどうかを測る「シャープレシオ」を用いて過去1年間の運用効率が高い順にランキングした。

上位には情報・通信業を中心に組み入れる中小型株ファンドが目立った。コロナ禍で人との接触や外出を減らす動きが広がるなか、社会のデジタル化が加速することでコロナ後も高い成長が期待できる企業への選別が進んでいる。首位はアセットマネジメントOneが運用する「企業価値成長小型株ファンド(眼力)」で年間リターンも37.3%と好成績だった。4位には下落リスクをコントロールするタイプがランク入りした。

シャープレシオは運用効率を判断する際に有効な指標だ。ただ過去の実績をもとに算出するため、将来も同じ成果が続くとは限らない点には留意したい。

(QUICK資産運用研究所 戸崎志賀)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム