/

この記事は会員限定です

戦後75年、歴史と向き合う(複眼)

佐藤卓己氏/クラウス・シュレーダー氏/田所智子氏

[有料会員限定]

第2次世界大戦の終戦から75年が過ぎた。日本では戦後生まれが人口の8割を超え、体験者が「昭和の戦争」を語る時代は終わりつつある。欧米でも記憶の風化が進み、ポピュリズムの台頭などを許している。我々は歴史とどう向き合い、語り継げばいいのか、専門家に聞いた。

◇  ◇  ◇

「異なる終戦」問い直しを 京都大学教授 佐藤卓己氏

戦後75年を迎え、戦争を経験した世代が一段と減り、アジア・太平洋戦争は人々の「記憶」ではなく「歴史」に変わりつつある。戦後生まれが8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4039文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン