/

この記事は会員限定です

松浦晃一郎(18)米国の復帰

人脈生かし働きかけ ブッシュ大統領に感謝伝える

[有料会員限定]

ユネスコが活動していくうえで主要国の支持が欠かせないと前回、書いた。脱退していた米国をどうやって復帰させるかは最重要課題のひとつだった。

復帰を促すには、どこに不満があったのかを知ることが必要だ。脱退したときの事務局長はソ連など東側勢力寄りの態度を取っているとみられがちだった。取材活動にも不当な制限を加えた。いちばんの問題は予算や人事の恣意的な運営だった。

こう分析すると、冷戦が終わり、東西対立は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

松浦晃一郎

第8代ユネスコ事務局長の松浦晃一郎さんは、国連傘下の国際機関トップを務めた数少ない日本人です。外交官として機密情報を入手したエピソードから、国際機関における大国の主導権争いや激烈な選挙戦まで、生々しい裏話を明かします。新型コロナウイルスによる危機で国際機関の重要性が再認識されているいま、真の国際人育成が急務だと説きます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン