/

この記事は会員限定です

拡張政策、足元の危機に必須 財政をどうするのか

デビッド・ワインシュタイン コロンビア大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ危機は供給ショック通じ需要圧縮
○低い失業率は経済回復への好ましい兆候
○ゼロ金利で財政出動の費用小さく効果大

新型コロナウイルスの大流行は、多くの点で日本を固有の脆弱な立場に追い込んだといえる。高齢化の進んだ人口はこのウイルスに対し特にリスクが大きいうえ、高水準の政府債務残高は財政運営を難しくする。

その一方で、日本政府はなおゼロに近い金利で国債を発行して借り入れができるため、財政出動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2634文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン