/

この記事は会員限定です

目に見えない傷 レイチェル・ルイーズ・スナイダー著

米の事例に探るDVの実相

[有料会員限定]

『目に見えない傷』は、既に数々の賞を獲得しているノンフィクション。ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者、そして防止や解決に取り組む人々への取材を通して、現代アメリカに蔓延(まんえん)する暴力の実相を浮き彫りにしている。

アメリカでは、年間1200人の女性がDVで殺害されており、毎分ごとにDVが発生している。そして、銃乱射事件の半数以上はDVの延長であり、パートナーあるいは元パートナーの殺害を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン