グローバル化、改革に焦点 ハビエル・ソラナ氏
スペインESADE世界経済・地政学センター長

玉利 伸吾
グローバルオピニオン
2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は、グローバル化の現状などについて考える機会をもたらす。世界の国内総生産(GDP)に占める貿易の比率は、低下傾向にある。グローバル化に反対する政治運動も支持が高まっているといえる。

グローバル化への不信感は正当でもあり、現在は不信を抱く理由が増えている。マスクをはじめコロナ対策での重要な物資の不足は、グローバルなサプライチェーンの脆弱さを浮き彫りに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]