最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,184.93 -0.19
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,310 +130

[PR]

東京証券取引所のシステム障害による全銘柄の売買停止に伴い、算出ができない株価指数や個別銘柄の株価などは「-」で表示しています。

投資番付

フォローする

建設銘柄の騰落率ランキング 防災工事受注で堅調
日本株番付

2020/8/5付
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は多くの業界にとって逆風だ。建設も例外ではなく、企業の設備投資意欲の減退やオフィス需要縮小などが懸念され、ゼネコン大手の株価はさえない。そんななか、大規模な更新期を迎えた道路や橋梁などインフラの維持補修、重要性を増している防災工事などを多く手掛ける銘柄の株価は堅調だ。

東証1部上場で東証業種区分が「建設業」の銘柄を対象に、年初来の騰落率をランキングした。1位の第一カッター興業はコンクリートなどの切断やせん孔(穴開け)が主力で、老朽化した高速道路の修繕工事などの需要を取り込んで業績を拡大している。

2位のビーアールホールディングスは耐久性の高いコンクリートを使った橋梁などの施工が得意で、水害対策の護岸工事用の技術も持つ。9位のショーボンドホールディングスはインフラの補修などに強い。

豪雨など相次ぐ自然災害を受け、こうした銘柄は防災などに活躍が期待されている。投資家の関心も高いようだ。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム