9/24 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  2. 2位: コロナで「未経験OK」求人減 人材市場、求ム即戦力[有料会員限定]
  3. 3位: 投機マネー、ユーロから円へ 欧州のコロナ再拡大で[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ続伸して始まる 一時120ドル高、ナイキが大幅高
  5. 5位: 運用難の生損保、配当狙いで相場支え 一巡後に警戒も[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,256,259億円
  • 東証2部 67,895億円
  • ジャスダック 97,876億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.76倍24.95倍
株式益回り5.05%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,346.49 -13.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,190 -30

[PR]

マーケットニュース

フォローする

監査報告書とは 企業の財務諸表、適正か監査人が判断
きょうのことば

2020/8/5付
保存
共有
印刷
その他

▼監査報告書 企業の作った財務諸表について、会計監査人の意見を記したもの。経営成績や財政状態などが会計基準に照らして適正かどうかを判断する。対象は有価証券報告書や株主総会招集通知の計算書類など。これらの外部に公開する書類が信用できるかについて、第三者が「お墨付き」を与えることで、投資家などステークホルダー(利害関係者)が安心して投資や取引ができるようになる。

監査意見には、情報が全て正しいと認める「無限定適正意見」や、一部を除いておおむね正しいとする「限定付き適正意見」、正しさを保証できない「不適正」、証拠が足りず判断ができない「意見不表明」がある。監査人は「無限定適正意見」以外の場合、その理由を分かりやすく説明することが求められている。

2021年3月期有価証券報告書から新たに義務化される「監査上の主要な検討事項(KAM)」では、監査人が監査した時に特に大きな注意を払った項目を記す。項目だけでなく、取りあげた理由や、どのように監査したのかも必要となる。監査の信頼性を高めることや監査品質の評価に役立てることなどが期待されている。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム