相互理解・連携の衰弱一段と アフターコロナを探る
猪木武徳 大阪大学名誉教授

経済教室
2020/8/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○公共精神の衰弱が民主主義揺るがす恐れ
○現場にある特殊な知識の重要性を再確認
○災禍を奇貨として善き転換へヒント探れ

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)によって、日常生活や経済・政治のかたちはどう変わるのか。この問いに答えるための知識はあまりにも不確かだ。また、未来は運命論的に、あるいは歴史主義的に決まっているわけでもない。われわれ自身がどのような道を選び取る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]