/

この記事は会員限定です

松浦晃一郎(1)日本人トップゼロ

国際舞台で存在感希薄に 真の国際人を育てよう

[有料会員限定]

昨年7月、悲しいできごとがあった。国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が任期半ばで亡くなられたのだ。外務省の先輩として哀惜の念に堪えない。

惜しまれるのは、天野氏を失ったことだけではない。これでグローバルな国際機関をつかさどる日本人がゼロになった。国際機関のトップは世界を見回す立場であり、日本のためだけに行動するわけではない。とはいえ、国際機関に日本人トップがいるといないのでは全く違う。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

松浦晃一郎

第8代ユネスコ事務局長の松浦晃一郎さんは、国連傘下の国際機関トップを務めた数少ない日本人です。外交官として機密情報を入手したエピソードから、国際機関における大国の主導権争いや激烈な選挙戦まで、生々しい裏話を明かします。新型コロナウイルスによる危機で国際機関の重要性が再認識されているいま、真の国際人育成が急務だと説きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン