/

この記事は会員限定です

杉本博司(29)ベルサイユ宮殿

広大な池に2畳の茶室 蝋人形の写真、偉人よみがえる

[有料会員限定]

フランスのべルサイユ宮殿では毎年1人のアーティストが選ばれ、個展を開催する。2018年は私に命が下った。問題はその広大さだ。私は大きさに大きさで対峙するのは得策ではないと考えた。巨大に対抗できるのは極小ではないかと逆説に打って出ることにした。場所も鏡の間のある本館ではなく、敷地の一番奥にあるトリアノン区域にした。プチ・トリアノン宮殿はルイ16世がマリー・アントワネットに贈り、革命までの月日を過ごし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

杉本博司

大判カメラで撮影したモノクロ写真で知られる杉本博司さんは、国際的に高く評価されている現代美術作家です。大学卒業後にニューヨークで革新的な芸術の息吹に触れるや、抜群の度胸と才能でアートシーンの寵児(ちょうじ)となりました。大胆な行動力と芸術に対する深い愛で切り開いていった人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン