/

この記事は会員限定です

江戸東京野菜、地域農家や小学校と連携し栽培

早稲田ミョウガや滝野川ゴボウが復活 大竹道茂

[有料会員限定]

東京にも「京野菜」のような伝統野菜があるのをご存じだろうか。早稲田ミョウガ、千住1本ネギ、練馬ダイコン、滝野川ゴボウ。どれも江戸から東京に伝わってきた野菜だ。作り手がおらず栽培が途絶えていたものもあったが、地域の農家や小学校などと協力し栽培を復活する活動を30年近く続けてきた。

取り組み始めた当時は15品しかなかったが、今では50もの野菜を「江戸東京野菜」として登録している。伝統野菜は種を自家採取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン