/

この記事は会員限定です

タワーマンションの未来

久元喜造氏/雑賀克英氏/鎌野邦樹氏

[有料会員限定]

タワーマンションの建設が東京などに限らず、地方都市でも広がっている。居住性が高く人気だが、管理や修繕に要する費用がかさむなど問題も抱えている。神戸市は7月、市の中心部での立地を認めない規制を導入した。タワーマンションの現状と未来をどうみるのか関係者に聞いた。

◇ ◇ ◇

乱立は都市機能損なう 神戸市長 久元喜造氏

神戸市は7月から、三ノ宮駅周辺(22.6ヘクタール)を「都心機能高度集積地区」に指定して住宅の立地を禁止し、その外側の元町なども含...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4025文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン