アンビルトの終わり 飯島洋一著 「実現しなかった建築」の物語

読書
2020/7/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

このコロナ禍は、感染とは別の不安を広げつつある。急落した株価はあっという間に回復した。金融資本主義は、実体経済とかけ離れたところで拡大を続ける。それはどこかでクラッシュするしかないのでないか。この本は、コロナ禍の前に執筆されたものではあるが、そうした破綻をグローバル資本主義の宿命ととらえ、その蕩尽(とうじん)する姿を形にしてしまったのが、建築家ザハ・ハディドが新国立競技場の設計案で見せたあの過剰…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]