/

この記事は会員限定です

トップの姿勢が重要に 社外取締役制度の課題

江川雅子 一橋大学特任教授

[有料会員限定]
ポイント
○独立取締役の発言によって議論が活性化
○取締役会の実効性が向上し運営も多様化
○我が社と言えるほどの当事者意識も重要

近年の社外取締役の急増により、取締役会はどう変わったのか。取締役会の実効性は高まっているのか。これらを探るために、筆者は東証1部上場企業13社の取締役会の運営を2017~19年にかけて調査し、経営トップ、独立取締役(現在は社外取締役の大部分が株主と利益相反のない独立取締役である...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン