音楽を創った絵画(6) ゴヤ「藁人形」
音楽プロデューサー 松田亜有子

美の十選
2020/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「スペインのショパン」と呼ばれたピアニスト・作曲家のエンリケ・グラナドス。最高傑作と名高いのが、6曲からなるピアノ組曲「ゴイェスカス」(ゴヤ風の意)と、同曲を改作したオペラだ。40歳を超えた頃、マドリードのプラド美術館でゴヤの絵を見た彼は、一瞬にして心を奪われ、創作に没頭したと言われている。

副題にある「恋するマホ(伊達な男)とマハ(粋な女)」の愛の物語は、ゴヤの「藁(わら)人形」にも描かれたス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]