/

この記事は会員限定です

音楽を創った絵画(7) ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」

音楽プロデューサー 松田亜有子

[有料会員限定]

20世紀イタリアを代表する作曲家オットリーノ・レスピーギには、「ボッティチェリの3枚の絵」というオーケストラ作品がある。3枚は、「春」「東方博士の礼拝」「ヴィーナスの誕生」を指し、筆者もその絵を前にした際、あまりの美しさに、言葉を失った一人だ。

レスピーギを語る際に欠かせないのがエルザ夫人だ。ローマ・サンタチェチリア音楽院の教授と生徒の関係だった2人。56歳でレスピーギが他界したため、17年ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン