/

この記事は会員限定です

多様化だけでは機能せず 社外取締役制度の課題

山田仁一郎 大阪市立大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○外部役員と経営陣のギャップは埋まらず
○社外経営人材をリストアップする制度を
○経営者に真摯にもの申せる人物が不可欠

最近の企業統治における制度改革では、社外取締役の多様性が注目されているようだ。経営学では、多様性の導入が役員会の活性化を招く、といった単純な考え方はしない。それぞれの企業個別の改革の内容や進め方と制度・慣行の影響をセットとして、その効果との補完関係を、実証研究のなかで注意深く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2571文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません