/

この記事は会員限定です

音楽を創った絵画(5) ゴッホ「星月夜」

音楽プロデューサー 松田亜有子

[有料会員限定]

自身を「色の作曲家」と呼んだアンリ・デュティユー。父方の曽祖父は画家でドラクロワの友人、母方の祖父はフォーレと親交のあった音楽家。芸術一家のサラブレッドとして、フランスに生まれた。

彼が活躍した第1次世界大戦以降の音楽界は、それ以前の否定から始まる。調性を失った極端な音域、爆発的で極度な強奏・弱奏は、音楽家たちの生への不安、孤独、自己分裂的な内面が、ある意味ヒステリックに描き出されていた。

一方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン