/

この記事は会員限定です

杉本博司(20)佐賀町で展覧会

小池一子さんから打診 NYメトロポリタンでも個展

[有料会員限定]

1988年、小池一子さんから、東京で展覧会を開かないかという打診があった。小池さんは27年に建った廻米(かいまい)問屋市場のビルを改装して、現代美術のオルターナティブ・スペースである展覧会場「佐賀町エキジビット・スペース」を運営していた。もともと米の競り場だったこの空間は、天井高5メートルの大きな空間で、半ば廃虚化したような建物は風情があり、夕暮れ時には中庭をコウモリが飛び交っていた。

私はここで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

杉本博司

大判カメラで撮影したモノクロ写真で知られる杉本博司さんは、国際的に高く評価されている現代美術作家です。大学卒業後にニューヨークで革新的な芸術の息吹に触れるや、抜群の度胸と才能でアートシーンの寵児(ちょうじ)となりました。大胆な行動力と芸術に対する深い愛で切り開いていった人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン