音楽を創った絵画(4) ルドン「閉じた眼」
音楽プロデューサー 松田亜有子

美の十選
2020/7/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1968年、武満徹は吹雪による空港閉鎖で、1週間近くシカゴで足止めをくっていた。そこで出合ったのが、フランスの画家オディロン・ルドンの「閉じた眼」だ。

ドビュッシーら音楽家とも活発に交流し、自らもピアノやヴァイオリンを嗜(たしな)んでいたルドン。「交響曲の画家」と自称していた彼が目指したのは、眼に見える現実社会を描くことではなく、言葉では言い表すことのできない魂の内面世界を描くことだった。

「見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]