/

この記事は会員限定です

音楽を創った絵画(4) ルドン「閉じた眼」

音楽プロデューサー 松田亜有子

[有料会員限定]

1968年、武満徹は吹雪による空港閉鎖で、1週間近くシカゴで足止めをくっていた。そこで出合ったのが、フランスの画家オディロン・ルドンの「閉じた眼」だ。

ドビュッシーら音楽家とも活発に交流し、自らもピアノやヴァイオリンを嗜(たしな)んでいたルドン。「交響曲の画家」と自称していた彼が目指したのは、眼に見える現実社会を描くことではなく、言葉では言い表すことのできない魂の内面世界を描くことだった。

「見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン