多国間協力、インド太平洋で コロナ危機と世界秩序
添谷芳秀 慶応義塾大学名誉教授

経済教室
2020/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○中国への対抗では長期的な視点持つ必要
○米国、戦闘部隊の分散化・小規模化を構想
○日本に集まる米軍の前方展開兵力分散も

新型コロナウイルスがパンデミックを引き起こすなか、その震源地となった中国による情報隠蔽の疑惑に対する不信感が高まっている。とりわけ米国による対中批判と中国の徹底的な反論が日常化している。新型コロナ問題が米中対立の新たな材料となり、今後一層相互不信が高まりそうだ。

これまでト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]