/

この記事は会員限定です

杉本博司(17)骨董に開眼

芸術家の古美術店開店へ 各地で名品探し、顧客も増える

[有料会員限定]

私たちの結婚生活は順調ではなかった。子育ては想像以上に大変だった。定収入はないので、フィルムを買うか、絵の具を買うかで諍(いさか)いが続いた。1年もしないうちに別れ話がどちらからともなく持ち上がった。妻の絹枝は、子育てもあって経済的に自立するためにソーホーに小さな店を開きたいと言い出した。しかし開店資金がない。私は生まれてはじめて母に借金を申し込んだ。しかし離婚するから貸してくれとは言えない。夫婦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

杉本博司

大判カメラで撮影したモノクロ写真で知られる杉本博司さんは、国際的に高く評価されている現代美術作家です。大学卒業後にニューヨークで革新的な芸術の息吹に触れるや、抜群の度胸と才能でアートシーンの寵児(ちょうじ)となりました。大胆な行動力と芸術に対する深い愛で切り開いていった人生をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン