/

この記事は会員限定です

杉本博司(16)南画廊

急きょ決まった初の個展 志水楠男氏を説得、作品売れる

[有料会員限定]

1977年1月、長男の慧が生まれた。名前は禅宗の開祖達磨(だるま)の弟子、慧可の慧から取った。真理探究ができるようにとの親の過剰な期待が込められていた。その年、申請中だったアメリカ永住権が認められ、東京のアメリカ大使館で、書類一式を受け取る必要があった。私は5年ぶりに、妻と初孫の顔を両親に見せるためもあって帰国した。

ひさしぶりに帰った日本は変貌していた。日本が変わったのではなく私が変わっていたの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

杉本博司

大判カメラで撮影したモノクロ写真で知られる杉本博司さんは、国際的に高く評価されている現代美術作家です。大学卒業後にニューヨークで革新的な芸術の息吹に触れるや、抜群の度胸と才能でアートシーンの寵児(ちょうじ)となりました。大胆な行動力と芸術に対する深い愛で切り開いていった人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン