朝井まかて「秘密の花壇」(158)

朝井まかて「秘密の花壇」
2020/7/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
共有
その他

七章 八本の矢 12

旗本、山口和泉守(いずみのかみ)の屋敷は堀留(ほりどめ)にあり、その邸内に兄は次席家老としての住処(すみか)を賜っている。

小体(こてい)ながらも一軒の家で、簡素な門も構えているので他の家臣が住まう御長屋とは別格だ。

兄の臥所(ふしど)に入り、鳩尾(みぞおち)が硬くなった。

熱が高いのか酸漿(ほおずき)のごとき顔色で、何やら譫言(うわごと)も口にしている。これは、只事(ただ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]