/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

かの美食家、北大路魯山人が貧しい書生時代に「心ゆくまで食いたい」と夢にまでみた食材がアユである。なかでも急峻(きゅうしゅん)な流れで知られる京都の和知川産のものを好み「姿もよく、身もしまり、香りもよい。今のところここ以上のを食ったことがない」と絶賛している。

▼アユ通がひいきの産地を自慢しあうのは、清流のコケを食べて育つ魚の味がそのまま川の味であるからだ。毎年夏の終わりに全国の河川でとれたアユの味や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン