最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,567.04 -104.09
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,530 -130

[PR]

投資番付

フォローする

主要ファンドの上半期上昇率 テクノロジー関連が上位
投信番付

2020/7/16付
保存
共有
印刷
その他

コロナショックに揺れた2020年上半期の株式市場では、コロナ禍におけるニューノーマル(新常態)を実現する手段の一つとしてデジタル化の進展が大きな関心を集めた。国内公募の投資信託(純資産総額上位100本)を対象に同期の上昇率ランキングを調べたところ、人工知能(AI)やフィンテックなどのテーマ型を含め、テクノロジー関連株に集中投資するタイプのファンドが上位に顔を並べた。

上昇率1位は「グローバル・プロスペクティブ・ファンド」で30.4%のプラスだった。組み入れ上位は米電気自動車テスラや米決済サービスのスクエアなど。テスラはESG(環境・社会・企業統治)投資の広がりなどを追い風に株価はこの半年間で2.6倍に急騰し、同ファンドの高リターン実現に寄与した。

リターン上位のファンドは、テクノロジー関連かつ先進国、とりわけ米国への投資割合が多い点が特徴だった。世界の技術革新をリードする米優良企業の株高が好成績につながった。

(QUICK資産運用研究所 荒木朋)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム